食育の資格 食育インストラクター

食育の第一人者・服部幸應先生が監修・指導する唯一の通信講座!


服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪

服部幸應の食育インストラクター養成講座

最近、食育(しょくいく)が注目されていますね。食育は日本の内閣府や小学校、保育園からマクドナルドやグリコの企業にも取り入れられています。食育の指導や食育推進活動を行うことのできる食育インストラクターを目指す人も増えてきました。


食育に関する教材や講座はたくさんありますが、一番人気なのが、テレビの料理番組のコメンテーターとしてたびたび登場している服部幸應先生の食育インストラクター養成講座でしょう。食育基本法の成立にも熱心に活動をされた服部先生から教えを受けられる通信講座です。


服部幸應先生は、家庭の食生活崩壊の危機感から、日本の学校教育の理念である「知育」「徳育」「体育」に「食育」を加えてほしいと、長年にわたり訴え続け、それが食育基本法成立に結びつきました。


食育インストラクター養成講座はNPO日本食育インストラクター協会から正しい「食」を学ぶ講座として認定されています。服部幸應の食育インストラクター養成講座を修了すれば、全員「NPO日本食育インストラクターPrimary」として正式認定され、名称を使って食育推進活動を行うことができます。


家族の健康と「食」の正しい知識を得るために受講している主婦の方もたくさんおられます。専門職を目指す方だけでなく、家族や自分の体のためにも、とても役に立つ内容になっていますよ。食育に興味のある方はまず無料資料請求してみてはいかがでしょうか。


NPO日本食育インストラクター協会認定の食育講座はこちら ⇒⇒⇒ 服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪

地域での食育の取り組みと食育教材

食育については全国各地でさまざまな取り組みがされています。たとえば、岩手県農林水産部流通課では、厚生労働省と農水省が作製した「食事バランスガイド」を基に「岩手版食事バランスガイド」を発行しています。


これは岩手県産食材と郷土料理を活用し、「バランスを考えた献立で、健康で潤いのある暮らしと健全な食生活」を営んでもらうことを目的として、ガイドは「1日に何をどれだけ食べたらよいか」を、性別や年齢、活動量で適量を判断するものです。


この食事バランスガイドでは主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物別に料理や食品が一目で分かり、自分の食生活と照らし合わせ、問題点や改善点がチェックできます。


また食育教材として、袋井市周南中学校3年の名倉郁美さんが制作した幼児向け食育絵本「なかよしあおむし」が、市健康づくり食生活推進協議会から「食育推進絵本」に選ばれ、製本されました。絵本はかわいらしい青虫が主人公で、規則正しい食生活の大切さを紹介している。120冊を製本し、市内の幼保育園などに配布して、子どもたちの食育指導に役立てられています。

食育の生活習慣病予防、美容ダイエット効果

食育は生活習慣病予防や体に負担ののない食育・美容ダイエットも注目されています。近年、死亡原因の6割以上を占めるようになった生活習慣病も、食育を基にした正しい知識をもった食生活を送ることで予防が可能です。


また、食育を学ぶことは、健康だけでなく美容やダイエットにも活用できます。食育を知ることでいろいろな食べ物の特性を知ることで、栄養バランスを管理し、カロリーや脂肪を適正にコントロールするメニューづくりができるようになります。食育の知識を身につけて実践してみてください。


現在は食品偽装など食の安全が一層注目されるようになりました。オーガニック・ロハスブームもあり、食育にみられる健康食も浸透してきましたが、その反面、食生活が健康に不安を抱える人が増えています。


乳幼児や、以前は糖尿病、高血圧などの生活習慣病の子どもが増え続けていることも事実です。とくに家庭での食育や食事習慣につい考えてみることは重要です。食育について学び実践することで自分や家族の健康を守るだけでなく社会全体の健康促進につながると思います。


服部幸應の食育インストラクター養成講座